痛みと健康をトータルコーディネート!

      2017/06/02

足首の捻挫のリハビリ

 
足首

この記事を書いている人 - WRITER -


ケガのケアから再発予防までを、リハビリ/整体/鍼灸/インソールなど、多種多様な方法からあなたに合った方法で自然治癒力を最大限に高めます。
また、ケガに至った原因を的確に突き止め、再発しないためのトレーニングまでを行い、負担の少ない効率的な身体の動きを獲得します。
⇒当店の紹介はこちら

フィジカルコーディネートセンター

前回までは、膝のリハビリについてご紹介していましたが、今回は足首の捻挫に対するリハビリをご紹介していきます。

足首の捻挫は、部活動をしていたり、趣味でスポーツをしていたり、スポーツ選手として活躍していたりすれば、ほとんどの方が一度は経験されているのではないかと思います。

しかし、捻挫=軽い怪我

というイメージが浸透しているために、足首の捻挫をしただけでは整形外科を受診しないケースが多く見受けられます。

また、受診をしたとしても、リハビリが行われず、安静にして様子をみましょうというケースも多くあるのではないかと思います。

こんな足首の捻挫ですが、放っておくと後々に重度の機能障害を残すケースがあります。

その様なケースでは、膝や股関節に過度な負担がかかり痛みを誘発してしまいます。

例としては、オスグッドシュラッター病です。

 

実際の症例

10代 男性

膝の前側の痛みが強く、右のオスグッドシュラッター病と診断を受けてリハビリになる

サッカーをしていて、過去に両足首ともに捻挫をした経験があり、右足首の方は何度も繰り返していて足首が不安定な状態

しゃがむ動作をする時に膝の痛みと足首の前側の詰まった感じと走ったあとの膝の痛みを主訴としていた

筋膜リリース

この方の場合は膝の痛みの原因が、過去の足首の捻挫にあり、捻挫をしたことで足首の硬さと筋力の低下が起こり、その結果オスグッドシュラッター病の発症に繋がったと考えられる症例でした。

特に足の甲がすねに近づく動きが硬くなることで、走った時の衝撃を吸収することが上手く出来ずに膝に過度な負担がかかると言われています。

また、しゃがむ時の足首の前側の詰まった感じが出現する原因は同じものであると考えられます。

この様な足首の硬さは、ふくらはぎに付着する筋肉が硬くなってしまうことで起こります。

よって、今回はふくらはぎの後ろの筋膜リリースを中心に行いました。

ふくらはぎ

経過

週1回のペースで1か月リハビリに通ってもらい、足首の筋膜リリースやセルフケアを実施してもらったところ痛みの改善につながりました。

現在は走っている時、サッカーをしている時、しゃがむ時などどの様な動きをしても痛くない状況でした。

そのため、リハビリを終了して今後もセルフケアを行ってもらえるように指導をしました。

たかが足首の捻挫。されど足首の捻挫です。

イメージだけで、足首の捻挫なんてよくあるものだ。という形で放っておかずにキチンとリハビリやケアをすることをオススメします。

当ジムでは、セルフケアの方法もキチンとお伝えしています。

足首の捻挫の経験があり、どこかを痛くしてしまった方は是非ご相談ください。

フィジカルコーディネートセンター
この記事を書いた治療・トレーニングセンターです。
ケガのケアから再発予防までを、リハビリ/整体/鍼灸/インソールなど、多種多様な方法からあなたに合った方法で自然治癒力を最大限に高めます。
また、ケガに至った原因を的確に突き止め、再発しないためのトレーニングまでを行い、負担の少ない効率的な身体の動きを獲得します。⇒当店の紹介はこちら

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

 

  関連記事 - Related Posts -

 

  最新記事 - New Posts -

 

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*