フィジカルコーディネートセンター

統合医療とヘルスケアの総合施設

【重要】事業譲渡のご報告

フィジカルコーディネートセンターは2020年6月末日をもって事業を引き渡しました。
詳細はこちら:事業譲渡(オーナーチェンジ)のお知らせ

【重要】事業譲渡のご報告

フィジカルコーディネートセンターは2020年6月末日をもって事業を引き渡しました。
詳細はこちら:事業譲渡(オーナーチェンジ)のお知らせ

コンセプト

私たちの使命

ライフスタイルに合わせた心身の調和を図り、健やかな毎日と幸福度の高い暮らしをコーディネートする。

それがフィジカルコーディネートセンターの使命です。

私たちの使命

私たちの決意

私たちの決意

「体が資本」や「健康第一」といった言葉があるように、はるか昔から体の悩みは多くの人の悩みになっています。

ケガや病気からの回復、スポーツパフォーマンスの向上、キレイに美しく引き締まった体になりたいなど、人生の変遷やライフスタイルによって様々な悩みが生じるため、その都度、希望に合った施設やサービスを探す事は容易ではありません。

そこで私たちは、生涯を通した様々な健康課題をワンストップで解消するために、医療と健康の融合をテーマに、多種多様な医療類似サービスとヘルスケアサービスを組み合わせた「健康づくりの総合デパート」を目指して、フィジカルコーディネートセンターを2017年にオープンしました。

私たちの社会的価値

医療費・介護費は年々増え続けており、大きな社会課題となっています。

H29年度の国民医療費(厚生労働省)では、前年度と比較して約1兆円増加の約42兆円が全体の医療費となっており、一人あたりは約34万円と非常に高額になっています。

この傾向は今後とも増加する事が見込まれているため、医療/介護費の負担を軽減していくためには、「病気を未然に予防し、健康の維持増進に努めて健康寿命を伸ばして行く事がとても大切」になります。

既存の医療/介護保険制度は素晴らしい制度ですが、ケガや病気・介護状態になってから利用される制度のため、「病気の予防」や「健康増進」あるいは保険内の対応が終了した方については支援の手が差し伸べられず、制度内だけで救えない方々がいらっしゃるのも事実です。

私たちフィジカルコーディネートセンターは、公的保険の役割を尊重しながら、公的保険”外”を対象とする方々に対して代替医療/健康増進サービスを提供する事で医療費/介護費の圧迫を防ぐとともに、サービスを通して人々の健やかな毎日と幸福度の高い暮らしを創造し、健康寿命の延長に貢献していきます。

私たちの社会的価値
厚生労働省 [ H29年度 国民医療費の概況 ]

生涯を通した「フィジカル(身体の)コーディネート(調和)を図る」想いのもと立ち上がったフィジカルコーディネートセンターは、健やかな毎日と幸福度の高い人生を送って頂けるよう、ライフスタイルに寄り添ったサポートをさせて頂きます。

error: