スポーツジム併設リハビリ鍼灸整体院【 駒込3分の総合治療院 】

予約・お問い合わせはこちら

インナーマッスルを鍼で改善し、腰痛の軽減と肘の内側の痛みが改善した症例

 
  2018/01/09
 
インナーマッスルを鍼で改善し、腰痛の軽減と肘の痛みが改善した症例
この記事を書いている人 - WRITER -
フィジカルコーディネートセンター
スポーツ愛好家からトップアスリートが通うハイブリッドスポーツ治療院。 メディカルマッサージやメディカルストレッチ、カイロを主体とした整体や鍼灸、ヨガ・ピラティスを取り入れたインナーマッスルを鍛えるメディカルエクササイズ、トレーニング効果を高めるプロテインやサプリメントなど、多角的にヘルスケアを総合サポート! 体を通して、日常生活や趣味活動、スポーツに至るまでの人生の楽しみを再構築する総合メディカルデパートです。
詳しいプロフィールはこちら

今回は三回目の治療です。

 

初診

尺骨神経症状が首と肩甲骨の連動性の悪さによって生じていたため、首と肩甲骨の連動性を再獲得する事で症状の軽減を図りました。

→ 初診の記事はこちら ←

2回目

首と肩甲骨との連動性を、重心移動を促す事で、首痛と尺骨神経症状の改善をしました。

2回目の治療記事はこちら ←

 

自主練習を続けて頂いているため回復が早く、二回目にご来院される時は、初診の症状が3分の1まで減っていて、今回3回目に来院された時には症状が無くなっていました。

 

今回は残りの、左腰と右肘の症状改善と最終目標であった家事動作、特にフライパンを振る動きの時に痛みが出ないように治療とトレーニングをさせて頂きました。

問診

年齢・性別

40歳代 女性

運動習慣

なし

普段から気をつけている事

なし

ケガ・病気歴

平成28年3月 右鎖骨骨折 保存療法

経過

  • 去年、平成28年の12月頃から右手の小指と薬指が痺れるようになった → 改善
  • 手の力が入りにくくなってきた。→ 入りやすくなってきている
  • 触った時の感覚も変な感じで、感覚の鈍さがある。→ 改善
  • 家事もままならず、料理などに支障が出ている。未だ支障あり

主訴・ご希望

  • 右手の痛み・シビレをとりたい → 改善
  • 首が痛い → 改善
  • 家事ができるようになりたい → 本日の課題
  • 右肘の内側が痛い → 本日の課題
  • 左の腰が痛い → 本日の課題

身体状況

肘の痛みの原因を診察

初診の尺骨神経症状も、今回の肘の内側の症状も、主な原因は同じです。

2回の治療で神経症状までは改善しましたが、まだ若干肘にかかるストレスが残っている事が、肘の内側の痛みに繋がっていました。

 

肘の伸張ストレス

 

やはり、肘先が外側に行く時に肘の痛みが増えるので、肘先が外側に行かないようにすれば症状は改善するため、その原因を探っていきます。

 

前回までは、首や肩甲骨との連動性、そして重心の左への偏りが肘の負担の増悪に繋がっていましたが、さらに肘の負担軽減を後押しするために、体幹周りとの連動性を診察していきます。

 

この方の場合、体幹が左に回旋している事が、右肘を外側に向ける事に繋がっていました。

 

胸郭回旋と外反肘の連動

 

前回は、重心の左への偏りが首に負担をかけていたので、右への重心移動を骨盤から移動して改善を図りましたが、体幹周りも重心は左に偏っていて、それが原因となって右肘に負担をかけていたんですね。

 

診察結果

体幹も左に偏って捻れており、重心が左に固定化されている事が原因で右肘に負担がかかっている事がわかりました。

 

体幹の偏りを軽減し、体幹の重心を右に移動する事が肘の負担軽減に繋がる事が診察からわかりました。

腰の痛みの原因を診察

次に、腰の症状を見ていきます。

先ほどの体幹の重心の偏りとも関連性があるのかを含めて診察していきます。

 

訴えている左腰の症状は、やはり、重心が左に偏っている事が一つの要因でした。

 

左への重心の偏りが左腰痛の原因

 

重心が左に偏っている事が腰に影響を与えていたのですが、本来は重心が偏っていたとしても、体幹がしっかりと効いていれば腰痛になる事はありません。

 

左に重心が移動した時の体幹の安定性が無いため、腰の筋肉が張って痛みとして症状が出ていたんですね。

 

姿勢や重心をコントロールする上で重要なのは、いわゆるインナーマッスル、コアの筋肉ですが、体幹部分での根本となるインナーマッスルは横隔膜になります。

 

横隔膜と骨盤底による腹腔の安定性

 

横隔膜と骨盤底筋は連動していて、しっかりと横隔膜が使えると言う事は、しっかりと骨盤底筋も使えるきっかけとなり、お腹周りの安定性が向上する事によって、体の内側から背骨を安定させる機能として働きます。

 

つまり、深呼吸をした時に、体の内側から外側に押せる、膨らませられる機能が強いのか否かで横隔膜を主体とした体の内側からの安定性の有無を診察します。

 

この方の場合は、やはり、左側の腰を膨らませる能力が低く、左の腰を安定させる事が難しくなっていました。

体の内側から安定させる機能が弱くなっているので、腰に過剰に負担がかかってしまっていたんですね。

 

診察結果

左の腰痛は、横隔膜を主とした体の内側から安定させられるインナーマッスルの機能が低くなっている事が原因になっている事が診察からわかりました。

 

肘の症状と腰の症状の関連性は、重心の左への偏りを修正する体幹機能が低く、その原因によって腰痛が起きていて、体幹機能の低さから重心を右に移動する事が難しくなっている事で、右肘に負担がかかっている事がわかりました。

本日の治療目標

体幹機能の向上を、右への重心移動を伴いながら行い、肘の症状も腰の症状も軽減する事が本日の治療目標です。

横隔膜による呼吸の機能の低さが最重要課題なので特に重要視して治療を行なっていきます。

 

また、症状の改善だけでなく、治療をして症状が無くなったあとは、課題であった家事動作のトレーニングへと移っていける事が本日の目標です。

治療方法

テープ式の鍼を使用してインナーマッスルを刺激し、呼吸機能と体幹機能と重心移動を一気に改善します。

 

呼吸鍼で、インナーマッスルと体幹機能と重心移動を一気に改善

 

鍼そのものは自律神経に直接働きかけるので、呼吸機能と体幹機能にダイレクトに影響を与えます。

しかし、通常の鍼で胸周りに刺すのは危険を伴うので、数ミリしか鍼の先が出ていない、貼るタイプの鍼を使ってインナーマッスルである横隔膜と体幹機能を高めつつ重心移動を促して、肘の症状と腰の症状の緩和を図ります。

 

体幹・胸まわりに鍼を行なって体幹と横隔膜に自然と力が入り易くなった後は、直接的に横隔膜の力を強化し、体幹の内側からの安定性の向上を図ります。

 

この方の場合は、体の内側、特に左側を膨らまして背骨を安定させる能力が低かったため、左の腰に空気が入るように意識を向けながら深呼吸を行います。

大きく息を吸って膨らまし、膨らました状態を維持して息を吐きます。

これを繰り返し行いながら、体幹の安定性を獲得していきます。

慣れないと難しいですが、呼吸は1日に1万5000〜20000万回は行う、人間の動きの中で一番小さい動きです。

呼吸の動きに伴う体幹機能が向上すれば、自然と1回1回の呼吸がトレーニングになるとても効果的な手法になります。

治療結果

胸回りに使った鍼と左腰への呼吸の練習で体幹を鍛えつつ重心をコントロールする事で左腰と右肘の痛みがなくなりました。

 

貼った鍼の効果を体に定着させるためには、3日〜5日程継続して着けて頂くと効果が最大化します。

そのため、継続して鍼を貼った状態で左腰への呼吸の練習を行なって頂けると、腰の痛みも肘の痛みも無い状態が持続できますので、ご自宅でも、ぜひ行なって行きましょう!

 

また、今回までの3回の治療で体の症状は全て解消できたので、続いて、家事ができるようになるためのトレーニング方法についてご提案させて頂きます。

家事が出来るようになる自主練習

肩や腕に症状がある場合はかなりの確率で親指の開きが少なくなるので、まずは、指を広く、大きく使えるようになる事を目指します。

 

実際にチェックをしながら行いましょう。

 

手を合わせて、親指を外に、上に開いてみます。

 

母指橈側外転テスト

母指外転テスト

 

親指が動かしにくく、開きが少ない方が、症状が出やすい側の腕になります。

 

腕に症状があると、無意識のうちに体と脳が自分の体を防御しようとします。

体を動かさないようにしようとして、脳が退化してしまうんですね。

 

赤ちゃんでもそうですし、脳卒中などになられた方もそうですが、脳が未熟な状態の時は、必ずと言って良いほど親指を中心に指を大きく開く動きが苦手になります。

逆に言えば、脳が発達していて体も活発に動いていれば、体全体が大きくダイナミックに動ける事ができるのですが、やはりこの方の場合は、症状を訴える右側の指の動きが悪い状態でした。

 

現状のお体の状態は、左に重心が寄ると腰や肘に症状が出てしまうので、右脚体重、特に右足の外側に体重をかながら左腰は膨らませつつ、壁を使って肘で体を支えられる事からトレーニング開始となります。

 

壁を使った肘たてふせ

 

 

肘から小指側にかけての骨でしっかりと支え、親指が立てられるように、また、外に開けられるように練習して行きます。

 

この状態で肘を床から離して肘立て伏せをしたり、肘を支点にして小指側から壁を離して行き、手を自分に近づけるなどの運動の中でも親指をしっかりと開いた状態で動けるようにトレーニングして行きます。

 

まずは右足体重の右側重心から始め、徐々に左に体重を移しても症状が出ず、また、手指にもしっかりと力が入った状態が維持できるように練習を積んで行きます。

最後に

体の症状は、今回の治療を含めた3回の治療で改善しました。

ご本人でも、自主練習に励んでいる事もあるので症状の回復が早く、また、これから家事が出来るようになるための自主練習も継続して頂けると思いますので、来院頻度を落として、月1回の来院で様子をみながら、家事が出来るように、また、症状が再発しないように予防して行きましょう!

 

次回は『こちら』です。

この記事を書いている人 - WRITER -
フィジカルコーディネートセンター
スポーツ愛好家からトップアスリートが通うハイブリッドスポーツ治療院。 メディカルマッサージやメディカルストレッチ、カイロを主体とした整体や鍼灸、ヨガ・ピラティスを取り入れたインナーマッスルを鍛えるメディカルエクササイズ、トレーニング効果を高めるプロテインやサプリメントなど、多角的にヘルスケアを総合サポート! 体を通して、日常生活や趣味活動、スポーツに至るまでの人生の楽しみを再構築する総合メディカルデパートです。
詳しいプロフィールはこちら

初回体験特別キャンペーン

このような事でお悩みではありませんか?

当院の特徴3つ当院なら全てを網羅できる

当院の良く選ばれるコース

初回体験特別キャンペーン

スタッフ紹介

複数の国家資格を所有する希少な日本屈指のスタッフ

高木謙太郎プロフィール

伊藤智哉プロフィール

初回体験特別キャンペーン

交通事故のけがや後遺症の治療もお気軽にご相談下さい

フィジカルコーディネートセンターは東京で一番効果の高い治療院を目指しています!!!

当院の営業のご案内

アクセス

【住 所】

〒114-0024 東京都北区西ヶ原1-56-12 グランドルチェ駒込1階

【最寄駅】

山手線 駒込駅 北口より 徒歩3分

南北線 駒込駅 5番出口より 徒歩3分

【TEL】

03-6903-7885

【予 約】

お一人お一人丁寧な治療と対応を心がけているため、ご予約優先制とさせて頂いております。

飛び込みでのご利用ですと、ご足労頂いたのにも関わらず対応が出来ない事がございますので、あらかじめご予約を頂ければ幸いです。

【予約方法】

電話で問い合わせ

電話で問い合わせ

LINEで問い合わせ

LINEで問い合わせ

お気軽にお問い合わせ下さい

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

Copyright© スポーツジム併設リハビリ鍼灸整体院【フィジカルコーディネートセンター】巣鴨 駒込 田端の治療院 , 2018 All Rights Reserved.